読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花束をもらったらやっておくべき7つのこと

ギフト

花束 もらったら

Merry X'mas!でした。素敵なクリスマスを過ごせましたか?

わたしは今年、サンタさんから花束が届きました。青・水色・紫の薔薇、それからレインボーローズ。染料で染めてあるのかな?

何だよこのリア充爆発しろと思った方、安心してください。後出しですよ!わたしがイブにあげたからです。

さて、今まで育てても枯らすタイプの人間が、こんなきれいな花束をもらったものだから、心の中はさあ大変。

花束をもらった時に花を長く保つためにやっておいた方がいいことを集めてみました。

花束をもらったら早めにラッピングを外す

華やかにラッピングされた花束を見ているだけでも幸せになりますが、花にとっては修羅場でしょうね。一刻も早くお水をください!となっています。

しっかり心の中と、写真に撮るなどして記録に残したら(←大事!)すぐにラッピングを外します。結構ひもや輪ゴムでぐるぐる巻きになっているので、できればすべて外しましょう。

でも本数が多い花束は後の取り扱いが大変なので、1ヶ所ほど留めておくのがおすすめです。わたしは1度すべて外しちゃって扱いにくかったですからね!…手がつるかと思いましたわ。

茎にエコゼリー(保水ゼリー)が付いているなら洗い流す

茎の部分にゼリー状のものが入った袋が付いている時は、取り外してゼリーを洗い流します。写真撮っておけばよかったなあ。

久しぶりの花束なので、え、なにこれ!今ってこんなのがあるの?!ずっと付けていればいいかな?と思いましたが、やはり新鮮な水があるならその方がいいようです。

エコゼリー、詳しくはこちらでチェックしてみてください。

切り花用保水材「エコゼリー」

茎を水中で斜めに切る!水切りで花を長持ちさせよう

これが1番重要な作業ですね。

水を吸いやすくさせるために、茎を水の中で斜めに切ります。この作業は一般的に「水揚げ(水あげ)」と呼ばれています。

斜めに切る理由は、水を吸う面を広くさせるため。外で切ってすばやく水に付ける方法もあるようですが、やっぱり水の中で切った方が空気やバイキンが入りにくいと思います。

この時、切れ味が悪いハサミだと切っても水を吸い上げる道をつぶしてしまうので、もし切れ味が良いはさみがなければカッターやナイフを使った方が良いでしょう(手を切らないように注意してね)

できれば水切りは毎日、水替えもした方が良い

花束をもらったら

花を長持ちさせるには、とにかく花に水を吸わせることが大事です。切った場所から空気が入り水を吸い上げにくくなっていたり、ばい菌がついて腐っていくので、その部分を毎日切ることで長持ちしやすくなります。

季節によって水替えの頻度は変わるようですね。暑い日は毎日、冬は4,5日に1回でもいいようですが…わたしは毎日変えるようにしようと思います。花、頑張るんだよ。

花に水を吸わせる(水あげ)方法はいろいろある

上記で説明した通り、切った花には水切りをしてあげるなど、水を吸わせやすくする工程がとても大事です。

わたしなんかよりも、とても詳しく、わかりやすくご紹介されているサイトさんがあるので、他の水あげ方法が気になる方はこちらのサイトさんをご参考にどうぞ。

水揚げ方法・プロの技教えます!

市販の切り花延命剤を使ってみる

切り花延命剤とは使用することで水を吸いやすくさせる効果があり、同時に栄養補給もしてくれます。バクテリアやカビなどを防ぐ役割もあるので、長持ちさせたいなら使わない手はないです。

ちなみに、わたしも購入済みです。効果はこうご期待!

他の保存方法を検討しよう!

花瓶に飾るだけではもったいないかも?!できるだけ長く楽しめる方法をご紹介します。わたしも検討中です。

ドライフラワーのように、鮮度がある早いうちに作った方が良いものもあるので急ぎましょう。

ドライフラワーにする

ドライフラワーとは新鮮な花を乾燥させたものです。自然乾燥は花の部分を下に吊るして乾燥させる方法です。コツは風通しが良くて日当たりが無い場所を選ぶこと。他にもドライヤーやシリカゲル(乾燥剤)を使う方法もあります。

押し花にする

本など重しとなるものに花や葉を挟んで作ります。電子レンジで作る方法やアイロンで作る方法もあり。ただこれは合う花と合わない花があるので、今回は見送りです。

挿し木をする

バラ・アジサイ・菊などは一部を土に植えると根を張り増やすことができます。切って挿すだけなので初心者にもおすすめの方法です。でも葉っぱの部分が必要なので、今回は見送ります><

プリザーブドフラワーにする

んんん、説明が難しいのでWikiをどうぞ!花の色を変えて楽しみたい方は手作りキットがおすすめです。

プリザーブドフラワー - Wikipedia

おわりに

以上、わたしのような初心者でも簡単にできそうなのは、こんなところかと思います。保存方法以外はすべて実践済みです☆でも1日目でしおれてきたので、切り花延命剤を試しています…どうなることやらですね。

できるだけ長く保存したいのでシリカゲルを使ったドライフラワーを作ろうと思っています。シリカゲルどこに売ってるかな。

 

広告を非表示にする