翼状片を再手術して本当によかったと思う

スポンサーリンク

スポンサーリンク

翼状片 再発 手術

遅くなりましたが、翼状片の再手術を行った時のことをまとめてみました。しつこく言うようですが、翼状片はただ切るだけでは再発すると思います。

最初の手術については、こちらからどうぞ。

翼状片という目の病気を手術したらすぐに再発した話

再手術は西伊豆眼科クリニックで受けました

翼状片とは結膜が異常増殖して角膜に伸びてくる病気です。再手術は翼状片に詳しく、手術法に結膜移植を取り入れている先生を選びました。

そして2013年1月某日、西伊豆にある「西伊豆眼科クリニック」で翼状片の再手術を受けました。両親についてきてもらいましたが、2人は完全に旅行気分でした笑。西伊豆には美味しいものがたくさんある。

西伊豆眼科クリニック

名前を出していいのか迷いましたが、HPがリンクフリーだったので紹介させていただきます。

西伊豆眼科の診察は土日のみ横浜相鉄ビル眼科医院の医師が交代で「僻地医療」を行っている眼科です。本当は先に横浜の眼科で検討していたんですが、人気の先生なので手術が3ヶ月待ちだったんですね。

そんな理由もあり西伊豆になりましたが、総合的にこちらの眼科でよかったと思います。両親の旅行も含めて。←

再手術…かなり痛かったけどやってよかったよ

翼状片が再発すると前よりも症状がひどくなることが多いそうです。わたしも前に比べると、あきらかに黒目に入る白い部分が増えて、常に右目だけ充血が目立つようになっていました。

再手術は、点眼での麻酔→まぶたを固定→眼球への注射麻酔(近すぎて見えないので恐怖心はないですよ)と、ここまではさほど痛くないんですが、翼状片を切るのがね…もうね…すんごい痛い。

(え?!ちょ、先生、こんな痛いとは思ってなかっ・・・痛い痛い痛い痛い!!!)

きっとこれが初めての手術だったら痛くない手術だったと思います。おそらく再発だと翼状片の細胞?結膜?が、より絡みついてるらしく、深くたくさん切る必要があったのでしょう。

そして再手術は、誰のためでもなく自分のためであって、先生は再手術してくださる救世主で、すごく有難く思っていて、痛くても我慢したいのに…体って痛いと勝手に動いちゃうんですね~☆暴れてすみませんでした。

再手術後の写真を1枚だけ見つけた

※ガーゼが赤いのは消毒液の色なので安心してね!

翼状片 手術 痛み 写真

手術前の目は撮っていませんでした。今から思うと記録として残しておけばよかったと思いますが、当時は撮る気力すらなかったなぁ。

再手術も日帰りで行います。手術した日はガーゼを当てていますが、次の日からは感染予防などの点眼をするので外せます。その後の眼帯も必要ないです。

術後の痛みですが、うっかり目を動かしてしまった時に少しだけ感じる程度でした。目の痛みよりも痛みに耐えた体がだるかったです;;

翼状片の再手術も保険が適用されたよ

再手術の費用も細かくは覚えていないですが、保険が適用されて1万円前後だったと思います。予約金は除いた金額です。

仕事は接客業だったので、事情を話して1週間おやすみを頂きました。車の運転は1ヶ月ほど控えた方がいいそうなので、それ以降の3週間は車を運転しない生活を送りました。田舎で車がないのはツラかったです。

手術後の職場では貼る眼帯が役に立った

術後は特に眼帯をしなくてもいいんですが、傷あとが赤くなっているため接客業だったわたしは眼帯で過ごしていました。

眼帯って耳にかけるヒモタイプしかないと思っていましたが、最近では貼る眼帯があるんですね。貼るタイプの眼帯はめがねをかけても邪魔にならないのがよかった!剥がす時も痛くないです。

おわりに

翼状片 再発 手術 名医

写真は再手術を受けた次の日、帰る途中に御殿場のアウトレットに寄った時の写真です。富士山が綺麗でした。割と元気そうですが、術後は物を見るだけでも神経を使うので車中ではずっと寝ていました。あと3年前は若い。←

現在も、定期的に近所の眼科で診てもらっています。

体調によって傷あとが目立つ日もありますけど、翼状片の進行はない、みたいです。今のところ。としか言えないのが翼状片のツラさですが、再手術して本当によかったです。頑張ってよかった。

手術してくださった先生、心配してついてきてくれた両親、再手術が成功するようにお守りをくれた友人たちに感謝です。

西伊豆眼科クリニック

関連記事

読んでいただきありがとうございました。