フェイスパックの効果を高める6つの方法でプチプラマスクを使いこなせ!

フェイスパック マスク 安い プチプラ 効果

どうも、フェイスパック大好き人間です。

普段はプチプラのマスク、日焼けしたり肌が疲れた時にはちょっといいもの♪なんて使い分けています。はがす時を待っている時間…プライスレス。

今日はそんなフェイスパックについて、より効果を高める方法をご紹介します。ほんの少し気を付けるだけで、使用感がまったく違います☆

使うタイミングは新陳代謝があがる入浴後がおすすめ

まずフェイスパックを使うタイミングは、お風呂上りが1番最適です。

お風呂に入ったあとは新陳代謝があがり毛穴も開いている状態なので、肌への浸透率が格段にあがります。もし入浴後にできない場合は、ホットタオルを顔に乗せるという手もあります☆

フェイスマスクの前に化粧水をつける…だと…?!

フェイスマスクは化粧水ではなく「美容液」としてつくられているものが多いので、化粧水で肌を整えた後に使うことをおすすめします。この方法を知った時、もっと早く知りたかったと思いましたね…浸透している感じが全然違います。

目元や口元があくタイプならクリームか乳液で保護を

フェイスマスク プチプラ 安い 効果 おすすめ

目元や口元はデリケートな部分なので、あいているタイプのフェイスパックが多いです。化粧水をつけたままにしておくと(つけていなくても)乾燥するので、専用のクリームや乳液などで乾燥から守りましょう。

時間厳守!使用時間を守らないと肌が乾燥する

使用時間が長ければ長いほど肌が潤うわけではありません。決められた時間を越えるとシートマスクの方が乾燥をし始め、肌から水分を奪い始めます。…こわいですね!

ただ決まっている使用時間といっても部屋の湿度によっても変わってくるので、シートの状態をみながら行うことをおすすめします。

肌が疲れ気味ならラップを使ってみよう

サランラップを2枚、鼻から上と下で分けて貼るだけです。シートの乾燥を防ぐだけではなく、肌への浸透も上がる気がします。

乾燥が気になる日や日焼けしてしまった夜、部屋が乾燥している冬など…普段のスキンケアでもおすすめの方法です。エステでも「ODT(密封包帯法)」なんて呼ばれていますね☆

フェイスパックで潤っても乳液やクリームを使うこと

フェイスパックをした後の肌はかなり潤っているので「乳液とかいらない☆」と思いがちですが、フェイスパックは美容液。油分が少ないものがほとんどです。

使用後は手のひらでやさしく肌にある美容液を浸透させてから、蓋として油分がある乳液やクリームで乾燥を防ぎましょう。

おわりに

正しい使用方法+効果を上げる方法で、フェイスパックを楽しみたいです。

今日はフェイスパックしよう!ちなみに今まで使ってみたプチプラフェイスパックの中で、1番肌に合ったはプリュのEGFマスクでした。また買ったらレビューします

 

広告を非表示にする