読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メイベリン ピュアミネラルBBモイストで乾燥なしのうるツヤ肌に

メイベリン ピュアミネラルBBモイスト 口コミ 使い方

メイベリンの「ピュアミネラルBBモイスト」を試させていただきました。

メイベリンのベースメイクは今回が初めて。少量でもよく伸びるので、ベールを乗せたようなツヤ肌の仕上がりになります♪

敏感肌気味ですが、肌荒れなど問題なく使えています。BBモイストの使用感など詳しくご紹介しようと思います。

メイベリン ピュアミネラル BBモイストとは

メイベリン ピュアミネラルBBモイスト 乾燥しない 洗顔料で落ちる

ピュアミネラル BBモイストは、天然由来オイル配合でうるおうタイプのBBクリームです。

色味はナチュラルベージュとミディアムベージュの2種類。わたしが今回使わせていただいたのは標準色のナチュラルベージュです。

メイベリン ピュアミネラルBBモイスト 色味 ナチュラルベージュ ミディアムベージュ

配合されている天然由来オイルは5種類です。

  • アンズ核油
  • クダモノトケイソウ種子油
  • マカデミアナッツ油
  • コリアンダー果実油
  • ホホバ種子油

すべて整肌成分とのことです。

ピュアミネラル BBモイスト 8つの機能

メイベリン ピュアミネラルBBモイスト とは 特徴

  1. 長時間うるおいキープ
  2. つや感アップ
  3. くすみカバー
  4. 毛穴をカバー
  5. なめらかな感触
  6. 長時間仕上がりキープ
  7. 均一な肌トーン
  8. SPF35 / PA+++

全成分はこちらです。

【成分】水、ジメチコン、グリセリン、イソドデカン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、エタノール、PEG-10ジメチコン、DPG、酸化チタン、ベンチレングリコール、ベタイン、タルク、リンゴ酸ジイソステアリル、ジステアルジモニウムヘクトライト、ヒドロキシステアリン酸エチルヘキシル、フェノキシエタノール、硫酸Mg、シリカ、アンズ核油、ジメチコノール、オクテニルコハク酸デンプンAl、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、ステアロイルグルタミン酸2Na、酢酸トコフェロールクダモノトケイソウ種子油、マカデミアナッツ油、コリアンダー果実油、海塩、ホホバ種子油、水酸化Al、アデノシン、グルコン酸亜鉛アスパラギン酸Mg、グルコン酸銅、[+/-]酸化チタン、オキシ塩化ビスマス、酸化鉄、アルミナ
洗顔料で落とせると記載がありますが、あくまで「ミネラル成分配合」なので、個人的な意見としてクレンジングで落とした方が良いと思います。

実際に使ってみた感想

ほどよいカバー力と伸びのよさ◎付け心地しっとりのBBクリーム

メイベリン ピュアミネラルBBモイスト カバー力 保湿 伸びが良い

ピュアミネラルBBモイストは伸びがとてもいいと思いました。

薄付きなのにカバー力もほどよくあるので、色ムラや薄いシミは隠せました。気になる毛穴落ちもなし。肌が均一になり、ツヤ肌な仕上がりになります。

ピュアミネラル BBモイストを綺麗に塗る方法

メイベリン ピュアミネラルBBモイスト 綺麗に塗る方法

わたしが試した方法ですが、結構よかったのでご紹介します。

  1. 米粒大ほどの大きさを全体に伸ばす
  2. 気になる部分にはさらに少量を重ね付け
  3. パフでなじませる
  4. ティッシュオフ
  5. ルースパウダーまたはプレストパウダーで仕上げる

BBクリームだと化粧崩れやヨレやすいと思っている方は、思っている以上に付けすぎているのかもしれません。わたしがそうでした^^;

肌に伸ばす時は、伸ばすというよりポンポンと軽いちからで「叩き込む」イメージです。パフやスポンジを使うときも同じように、滑らせるのではなく叩き込みます。そうすることで肌に残った余分なBBクリームを吸着し、肌との密着度を高めます。

最後にパウダーは使った方がいいと思います。パウダーで仕上げると皮脂も出にくくなり、くすみにくいと感じました。

おわりに

もし崩れたとしてもドロドロになったり、薄付きにすれば毛穴落ちもないので、パウダーを重ねるだけで大丈夫でした。

保湿系だと夏には向かないと思っていたんですが、夏でも肌ってエアコンなどで乾燥しがち。肌が乾燥すると皮脂分泌が多くなり化粧崩れをおこしやすいので、化粧崩れが気になる方は保湿系を使ってみるのもいいんじゃないかと思います☆

読んでいただきありがとうございました♪

 

広告を非表示にする