全身ポカポカ!薬用入浴剤「オブクレイ」を使ってみたら、冷えとり効果がすごかった話

スポンサーリンク

スポンサーリンク

薬用入浴剤 オブクレイ 口コミ レビュー

無添加の薬用入浴剤オブクレイ(ofclay)を使わせていただいています。

実際に使ってみて、これは今までに使っていた市販の入浴剤とは全くの別物だと思いました。

  • お湯の肌ざわりがやわらかくなる
  • まるで温泉、肌がツルツル!
  • 湯あがりのポカポカ感がすごい
  • 寒い冬でも湯冷めしにくい◎

特に実感したのはお風呂あがりのポカポカ感!!!妊活・温活・冷えとりをしている方に、ぜひ使ってみてほしいです。

温泉の恵みをぎゅっと、至福のひと時、おうち“おんせん”【ofclay・薬用入浴剤】

無添加 薬用入浴剤 オブクレイについて

薬用入浴剤 オブクレイ おすすめ

薬用入浴剤 オブクレイとは、療養泉の約1,000倍濃度「EnRich Mineral1000」を配合した天然ミネラルSPAパウダーです。

一般的な入浴剤は、薬剤を混ぜあわせて “温泉水の構成成分に近いもの” をつくっており、オブクレイはまったくの別物だそうです。自信が伝わってきますね。

誤解を恐れずに例えるならば、スポーツドリンクのような機能性飲料ではなく、ワインのように原料にこだわり「熟成」を通して産み出されるものとの違いのようなものです。だから、我々は入浴剤ではなく、もう「温泉剤」と呼びたいくらいなのです。
熟成仕上げの無添加入浴剤【ofclay】 より引用

実際、オブクレイを入れたお湯は肌への当たりがやわらかく変化するし 、しつこいですけどお風呂あがりのポカポカ感は想像以上でした。

薬用入浴剤 オブクレイの効能

薬用とは「医薬部外品」のことで、医薬品ではないけれど準ずるものとして位置づけられています。治療ではなく「予防や緩和ケアに役立つもの」です。

ちなみに薬用入浴剤とは、

冷え性、荒れ性、神経痛、リウマチ、しもやけ、あかぎれ、うちみ、くじき、肩のこり、腰痛、痔、あせも、しっしん、疲労回復、産前産後の冷え性、にきび

この17種の効能効果が認められている入浴剤のことをいいます。

薬用入浴剤 オブクレイ「muku」

薬用入浴剤 オブクレイ muku

「muku」はあえて、無香料で仕上げてある入浴剤です。

お湯の色は、薄い黄色です。ほんのちょっぴり。最初はほぼ無色かと思ったほどでした。着色料は不使用です。

【 ofclay ミネラルスパパウダー muku 】

mukuの全成分と配合目的

薬用入浴剤 オブクレイ muku 全成分 配合目的

mukuの全成分です。配合目的はカッコ内()に記載しました。

【全成分】セスキ炭酸Na(有効成分)、ホウ酸(有効成分)、フマル酸(pH調整剤)、コハク酸(pH調整剤)、別府温泉精製湯の花エキス(基剤)、ヒドロキシエタンジホスホン酸4Na液(金属封鎖剤)、天草抽出末(湿潤剤)、BG(湿潤調整剤)

個人的に、3種類ある入浴剤の中で、香りもないけれど「ありのまま」を感じられる 「muku」が1番気に入りました。

薬用入浴剤 オブクレイ「nagomi」

薬用入浴剤 オブクレイ nagomi

「nagomi」は香り付きの入浴剤です。フレグランスは[calm citrus]

使われている精油はオレンジ、ラバンジンスーパー、パルマローザ、レモングラス。カリス成城のオーガニックオイルが使われています。

お湯の色は、こちらも薄い黄色です。ほんのちょっぴり。もちろん着色料は不使用です。

nagomi の全成分と配合目的

薬用入浴剤 オブクレイ nagomi 全成分 配合目的

「muku」の成分に香料が足されています。

【全成分】セスキ炭酸Na(有効成分)、ホウ酸(有効成分)、フマル酸(pH調整剤)、コハク酸(pH調整剤)、別府温泉精製湯の花エキス(基剤)、ヒドロキシエタンジホスホン酸4Na液(金属封鎖剤)、天草抽出末(湿潤剤)、BG(湿潤調整剤)、香料 - 精油:オレンジ、ラバンジンスーパー、パルマローザ、レモングラス(着香剤)

個人的に、シトラス系はすっきりする香り。半身浴しながら深呼吸、また明日もがんばるぞ!と気分転換したい日におすすめです。

薬用入浴剤 オブクレイ「nukumori」

薬用入浴剤 オブクレイ nukumori

「nukumori」も香り付きです。フレグランスは[bright forest]

使われている精油はシダーウッド、ユーカリ、ライム、ヒバ、ジンジャー。カリス成城のオーガニックオイルが使われています。※ヒバは国産原料のため、オーガニック認証を受けていません。

お湯の色は、乳白色(酸化チタン由来)です。完全なにごり湯ではなく、淡く白っぽくなる程度、です。着色料は不使用です。

nukumori の全成分と配合目的

薬用入浴剤 オブクレイ nukumori 全成分 配合目的

「nukumori」には安定剤が加わっています。

【全成分】セスキ炭酸Na(有効成分)、ホウ酸(有効成分)、フマル酸(pH調整剤)、コハク酸(pH調整剤)、別府温泉精製湯の花エキス(基剤)、酸化Ti(懸濁剤)、ヒドロキシエタンジホスホン酸4Na液(金属封鎖剤)、ポリアクリル酸Na(安定剤)、ポリアクリル酸(安定剤)、ベンナイト(安定剤)、BG(湿潤調整剤)、香料 - 精油:シダーウッド、ユーカリ、ヒバ、ジンジャー(着香剤)

個人的に、香りはウッド強めでスパイシー系だと思いました。お子さまよりは、大人向け。ジンジャーが入っているので、冷え性の方におすすめです。

オブクレイを実際に使ってみたレポ!

浴湯200リットルに対し、約60gの割合でよくかき混ぜて入浴します。

薬用入浴剤 オブクレイ muku おすすめ

一般的な入浴剤より1回分の量が多めです。うん、結構多い。ケチらず1回で使う方が効果がわかりやすいと思いました。

「muku」のパウダーは淡い黄色。

薬用入浴剤 オブクレイ muku 粉の色

これは入れる前の浴槽です。

薬用入浴剤 オブクレイ muku 入れてみた 使ってみた

オブクレイ「muku」を入れてみます。

薬用入浴剤 オブクレイ muku 入れた瞬間

サワーーーって言います。←

薬用入浴剤 オブクレイ muku 白くにごる

最初は白っぽくにごるのですが、、、おや?

時間が経つとお湯の色に変化があります。

薬用入浴剤 オブクレイ muku お湯の色 ほぼ透明

なんと、ほぼ無色!わかりにくいですが、アフターの写真です。

これは「muku」だけではなく「nagomi」もこんな感じです。写真ではわかりにくいですが、よ~く見るとお湯が淡く薄い黄色になっています。「nukumori」はもう少し白く残ります。

オブクレイを使ってみた感想

入浴剤=にごり湯 or お湯の色が変わる!そう思っている方には少々物足りないかもしれませんが、実際に入ってみると…あら?何だかいつもと違います。

半身浴していて気付いたのは、オブクレイを入れると発汗作用が上がったこと。お湯の温度はぬるめに設定しているのに、すぐ滝汗!びっくりしました。

そして、オブクレイが本領発揮するのはお風呂上がりです。わたしは末端冷え性なんですが、お風呂上りのポカポカ感の持続はとても長いと思いました。

ぜひ1度、成分にこだわってつくられた入浴剤の “ちがい” を味わってほしいです。

おわりに

薬用入浴剤「オブクレイ」はおだやかな弱アルカリ性なので、赤ちゃんやお年寄りの方も使えます。ただし、浴そうはすべりやすくなるのでご注意くださいね。

お試しパックには、濡れても大丈夫なお風呂カレンダーも一緒についてきます。吸盤つきで、すぐに使えてうれしい。

気になる方はぜひチェックしてみてください☆

温泉の恵みをぎゅっと、至福のひと時、おうち“おんせん”【ofclay・薬用入浴剤】

読んでいただきありがとうございました。